芦屋写真展について

AhiyaPhoto

芦屋写真展とは『現代のモダニズム』を掲げ、「一枚の写真の芸術性の追求」と「写真の新しき美とは何か?」を世に問う写真展です。
この写真展の入賞者には、パリの写真団体 Le Photoclub de Paris Val-de-Biévre(略称:PPVB)が所有するギャラリーGalerie Daguerreに展示できる権利【Road to Paris】を提供することにより、日本の写真愛好家の海外への登竜門となることを目指しています。

昭和初期の芦屋では中山岩太・ハナヤ勘兵衛などの写真家たちによる「芦屋カメラクラブ」が創設され、新興写真運動が興り、日本の写真芸術の先駆けとなりました。

その伝統を引き継ぎ、2011年6月に「新しき美の創作」と「新しき美の発見」をテーマとする団体「芦屋写真協会」が設立されました。「写真の町・芦屋」を拠点都市として老若男女問わずに集い、様々な写真活動を通じて文化と社会の構築に参画することを目標として国際色豊かでグローバルな活動を展開していきます。

概要

  • 芦屋写真展2019
  • 会期: 2019年6月5日(水)~ 9日(日)
  • 会場: 原田の森ギャラリー(兵庫県立美術館王子分館)2階大展示室

【賞-Road to Paris-】

入賞20作品は、パリのギャラリーGalerie Daguerre(パリ14区のギャラリー)に展示できる権利が得られます。

グランプリ 1点 (関空~パリ往復航空券+メダル+賞状)
準グランプリ 2点 (メダル+賞状)
優秀賞 3点 (メダル+賞状)
テーマ別審査員賞 4点 (メダル+賞状)
佳作 10点 (リボン+賞状)

審査員(敬称略順不同):
綾 智佳(The Third Gallery Ayaオーナーディレクター)
織作峰子(写真家)
徳永好恵(美術家)
西宮正明(写真家)
Frédéric ANTERION(パリ写真クラブPPVB会員)

※審査員の都合により変更になる事があります。

1次審査 作品受付応募規定
「新しき美の創作と発見」にチャレンジした作品を奮ってご応募下さい。

テーマ※カラー、モノクロを問いません。

  • A・風景   自然、動植物、建築
  • B・スナップ 街、人、生活、交通
  • C・人物   ポートレート、スタジオ写真
  • D・創作   アート、テーブルフォト、CG、その他
  • ※応募票には、テーマ別のA、B、C、Dをご記入下さい

応募資格

年齢・経歴(プロ・アマ)・国籍を問いません。

1次審査応募プリント《作品の応募は、郵送または宅配便のみ》

●展示サイズ(額装など含む寸法)が80cm 未満の場合
A4 または、六つ切りでの応募。
●展示サイズ(額装など含む寸法)が80cm 以上の場合
A3 または、半切での応募。

組写真は、全て1 枚のプリントの中にレイアウトして下さい。
上記の規定以外は受付出来ません。
尚、展示サイズは、最小45cm、最大180cm です。

エクスクラメーションマーク

応募票は、審査の時に題名より下の項目が見えて、お名前が見えないようにプリントの裏にテープ等で貼って下さい。

図表

作品受付期間【2019年3月1日(金)~3月29日(金)】

出品申込書と応募票に必要事項を明記し、作品と一緒に下記事務局宛に送付して下さい。
※郵送または宅配便のみの受付になります。

〒659-0071 芦屋市前田町3-6 株式会社 ハナヤ勘兵衛内 一般社団法人 芦屋写真協会事務局 宛

FAX:0797-23-1701 E-mail :

出品点数

制限はありません
※但し他の写真展で入賞・入選した作品は応募できません。

出品料 ※出品料の納付が無い作品は、審査致しません。

応募受付手数料として2,000 円(応募点数に関係なく)
●1 次審査料として、1 点につき1,000 円
●1 次審査作品の返却希望者は、返却料としてサイズ、枚数に関係なく、1,000 円を追加してご送金ください。
例)4 点応募する場合は、4,000 円(4 点X1,000 円)+受付料2,000 円=6,000 円

※返却希望の場合は、7,000 円になります。

出品料の支払いと締切日【2019年3月29日(金)】

前記所定の費用を下記口座に下記の振込用紙をご利用のうえ、ゆうちょ銀行から下記口座に送金をお願いします。事務都合上現金での取り扱いは、致しません。振込料は、各自でご負担願います。

ゆうちょ銀行 払込先口座番号:00900-9-210906 一般社団法人 芦屋写真協会
振込用紙

1次審査結果発表

4 月中旬に応募者全員に結果を通知致します。
1 次審査通過者(入選者)には、展示費用の払込用紙を同封します。
また芦屋写真協会のホームページにもお名前と題名を発表します。

※応募作品は5 月末までに返却します。(返却希望者のみ)

【 展示料の納付 】

1次審査を通過した入選作品は全て会場に展示しますので通知を受け取りましたら同封の払込用紙を使用して、
2019年5月16日(木)までに展示料の振込をお願いします。
●展示サイズ(額装含む)外寸長辺80cm未満は、1 点につき5,000 円
(学生2,500 円)
●展示サイズ(額装含む)外寸長辺80cm以上は、1 点につき10,000 円
(学生5,000 円)
※学生は必ず、学校名と学年を記入してください。

2次審査 原田の森ギャラリー2F大展示室にて

作品の搬入受付(持ち込み、宅配送付共)

  • ・搬入期間と時間:2019年5月31日(金)~6月2日(日)10時~16時
  • ・搬入場所:下記送付先と同じ ※持ち込みの方は募集要項4ページの地図を参照して下さい。

作品は必ず紐付けをして、保護ケース(箱)に入れて下さい。展示作品にガラスは使用不可、アクリルは可。(アクリルは、可ですが反射で作品が見えにくいのでお勧めしません)
写真展終了、搬出時までケースはお預かりします。ケースは縦積しますのでケースの厚みのところにお名前が判るように記入してください

〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3丁目8番30号
原田の森ギャラリー101号室
エクスクラメーションマーク

宅配便をご利用の方は返送の都合がありますので、ヤマト運輸(クロネコ宅急便)のご利用をお願いします。
また、着払用の伝票を必ず添付して下さい。

2次審査 入賞作品発表-Road to Paris-

Road to Paris審査は会場に展示した入選作品の中から作品の内容、プリント仕上げなど総合的に判断して入賞作品を決定します。

審査日:6月4日(火)入賞者は、当日に電話または、メールにて通知します。
また芦屋写真協会のホームページにも掲載します。

【賞-Road to Paris-】

入賞20作品は、パリのギャラリーGalerie Daguerre(パリ14区のギャラリー)に展示できる権利が得られます。

グランプリ 1点 (関空~パリ往復航空券+メダル+賞状)
準グランプリ 2点 (メダル+賞状)
優秀賞 3点 (メダル+賞状)
テーマ別審査員賞 4点 (メダル+賞状)
佳作 10点 (リボン+賞状)

※作品の送料は芦屋写真協会が負担します。
尚、展示する場合は40cm×50cmのブックマットの額装のみになります。

◆授賞式:6月9日(日)14時に会場にて行います。

入賞20作品に賞状とメダル・リボンの贈呈。グランプリ受賞者には賞として関空~パリ往復航空券贈呈。

※AIR FRANCE 関空-パリ直行便 エコノミークラス 他に条件があります。

作品の搬出と返却

6月9日(日)、関係者で搬出を行い、その後返却いたします。
持ち込み分の返却:15時30分~16時30分の間で、会場にて返却。
宅配分(着払いのみ)は、梱包後、業者へ引き渡します。

その他事項

  • *出品申込書等は、わかりやすく楷書でお書き下さい。
  • *応募点数が多い場合は、応募票・出品申込書をコピーして、ご使用下さい。
  • *申込締め切り後の題名変更は、お断り致します。
  • *応募後、住所変更等なさった場合は、事務局までお知らせ下さい。
  • *作品は丁寧に取り扱いますが、損傷については、理由のいかんに関わらず、主催者は一切の責任を負いません。尚必要と思われる方は各自で保険をお掛け下さい
  • *一旦納入された出品料は払い戻しできませんので、ご了承下さい。
  • *ご提供頂いた個人情報は、展覧会実施と会の運営に必要な範囲において使用し、それ以外の目的には使用しません。
  • *著作権や肖像権の問題が発生しても当協会は一切関係ありませんので、責任は作者が負うものとします。
  • *指定日時に返却作品を引き取られない場合は、作品保有の権利を放棄したものとみなし、作品保管の責任を負わず、作品を処分することがあります。
  • 指定日時以外の作品返却には応じられませんので、必ず返却時間を厳守して下さい。 返却のみ宅配を希望の方は、クロネコヤマト便の「着払い伝票」を必ず添付して下さい。

出品申込書

出品申込書は、こちらよりダウンロードしてご使用ください。

入賞作品のご紹介

写真展終了後、ホームページに掲載いたします。